「手間を楽しむ豊かな時間を過ごそう」

沖縄県名護市東海岸の“久志地域(くしちいき)”という小さな村で
日々の暮らしを丁寧に営む地域の方たちが“手しごと”をしています。

私たちの“手しごと”で大事にしていることは、
「歩を共に」
「丁寧に」
「想いを込めて」

地域に伝わる暮らしの知恵を、
ひとりではなく、みんなと一緒に繋がりながら学び、伝えていく。
そうしてみんなが地域での暮らしを楽しみ、誇れるように。
そんなことを考えながら暮らしています。

買ったら何でもそろう時代ですが、
地域にある自然の恵みを材料とし、自分で時間や手間をかけて作るからこそ、
気持ちのこもった“特別なもの”に変身してしまう。
それが“手しごと”のおもしろさです。

伝統を大切にすること、そして新しい風を吹かすこと。
“手しごと”を通して地域の活性化につなげていきたいと思っています。

「久志の手しごと」は、沖縄県名護市久志地域で、地域の方々が、地域にある素材で、
昔ながらの技法を用いて手作りししているものを販売しています。
全て手作りですし、作っている人もひとりではなく、みんなで協力し合って作っています。
そのため、色も形もひとつとして同じものはありません。そして時間もかかります。
久志地域で独自の評価基準を設け、基準を満たしたもののみ販売しています。
そして、売り上げの一部は久志地域の活性化に向けた取り組みに使用させて頂きます。